徹底リサーチ!スポーツクラブの比較6サイト

TOP > スポーツクラブについて > スポーツクラブでウォーキングがやりやすい

スポーツクラブでウォーキングがやりやすい

寒い冬にウォーキングをするならば、スポーツクラブのウォーキングマシンでやることがベストです。
特に雪の降る地方では外をウォーキングするにも、滑って転倒する危険もありますし骨折などをすると運動どころではありません。
ウォーキングマシンでトレーニングすることによって、メリットがたくさんあります。
まず時間を計ることが出来るという点にあります。
ウォーキングなどを定期的にやっている人にとって、時間というのはとても重要なポイントになり時間によって運動効果を変えているといっても過言ではありません。
ウォーキングをする時間には脂肪燃焼が効率的に行える時間でもある20分以上が言われていますが、なれないうちは10分でも15分でもかまいません。
継続することを目的とすることが大事です。


時間でも30分が目安となりますが、それは他に使う人がいる場合にはスポーツクラブでは30分くらいで譲るのがマナーとなっているからです。
もちろん他に使っている人がいない場合には30分以上ウォーキングをすることがありますが、基本的には30分以内で終わらせることです。
そうすることで運動強度としても楽に続けることができますし、他の種目を楽しむ体力的な余裕も出てきます。
他の種目ではエアロバイクなどがありますが、これは自転車こぎで有酸素運動としても人気のある種目となります。
エアロバイクも有酸素運動ですが、メリットとしては強度の調整が楽に出来る点にあります。
強度の調整は速く自転車をこぐのではなく、コンピューターに内蔵されているプログラムによって重さを与えて負荷を増やしてきます。


ウォーキングにしてもエアロバイクにしても、手軽にできることからスポーツクラブでも毎回のようにやっている人は多くいます。
またプールのある施設ではスイミングをすることによって泳ぎを楽しむことができます。
クロールや平泳ぎなどはベーシックな泳ぎ方になりますが、水に浮くということも人間の身体には影響があります。
浮力を与えられることで身体の関節が動きやすくなりますし、特に膝などが悪くて日常生活で不便をしている人は、プールを歩くだけでも効果を見込むことができます。
プールで歩くことは水中ウォーキングといいますが、他の筋肉を使うことができますし、トータルバランスのいい身体になっていくことができます。
ただし息継ぎができることが条件なので、短い距離でも練習して泳げるようになることです。

次の記事へ

MENU